インタビュー

Q ズバリ、社会保険労務士の仕事に必要なことは何ですか?

A 私は、法律知識と実務経験のバランスが重要だと思います。法律知識は、法改正や助成金の変化、行政通達、判例などを常に最新の情報を収集して皆様に提供していく必要がありますし、また、実務を通じて多くの労働トラブルなどの多くの事例を経験していくことが必要だと思います。知識と実務の引き出しが増えていくことで、皆様からの相談に対してご提案できる内容を充実させていくことができます。

 

 

Q これまでの経歴と業務経験を教えてください。

A 私は開業する前に、数多くの事例を体験するため、始めは水越光男先生のもとで、水戸地区を中心とした中小企業の案件と諸手続の基本的な事務手続、是正勧告対応、セミナー講師など幅広く経験させて頂きました。当時社労士になった後で実務を始めたので、最初は法律論で先入観をもってしまう部分がありましたが、経験を通じて中小企業の実態を体感し、法律と実務の狭間を目の当たりにすることで柔軟な考え方を学ぶことができました。ただ、法律の専門家になるには、大企業を前提とした法律知識やスケールの大きな事例などを書から学ぶのではなく、自分の実体験から吸収することが必要だと感じました。そこで、経営労務監査の第一人者である大野実先生の門をたたきました。大野実先生のもとでは、大企業や外資系企業、上場企業などの様々な労務問題やIPO支援事業などの社労士業界でも最先端をいく業務ばかりでしたので、とても貴重な体験ができました。お二人とも社労士としてだけでなく、人生の先輩として非常に多くのことを学ばせて頂きました。

 

 

Q 中小企業ではどのような労務管理が必要なのでしょうか?

A 経営者の皆様は、組織の活性化や人材育成を行うために会社の労働環境を整備することの重要性は認識しているのですが、「何から始めていいのか分からない」という経営者の方が多くいらっしゃいます。そのような場合には「就業規則の見直しから始めてみませんか?」とご提案をさせて頂くことが多いですね。労務管理の現状を分析し、労働条件の整備改善を行うことで、経営者が持っている理念を職場環境へ具体化することができますし、会社の方向性を明確にすることで、組織風土の見直しが行えます。また、職場でのルールを確立してくことで、従業員の意識改革も行えますよね。従業員の満足度が高い会社は企業成長を続けています。経営者の皆様もそれはわかってはいるんですが、「ヒト」に関する課題は後まわしにされ、放置されてしまっている現状がまだまだあると思います。

 企業が発展していくためには、人事労務管理の充実は欠かせません。私も企業の人事労務管理を通じて多くのことを学ばせてもらっております。これからも初心を忘れず、多くのことを皆様から学ばせて頂きたいと思っております。